• ホーム
  • 淋病という性感染症の原因を知って正しく予防しましょう

淋病という性感染症の原因を知って正しく予防しましょう

2019年12月18日
ウィルス

ミノマイシンはミノサイクリンを有効成分とする淋病の治療薬で、男性や女性の症状をそれぞれ効果的に抑えることができます。淋病の病原菌である淋菌を抑える薬で、基本的に細菌が原因である病気に用います。淋病は淋菌への感染で起こる感染症で、性感染症の一つになります。淋病の診断がされた場合は、性器クラミジア感染症との同時観戦が20?30%あるので、その場合はクラミジアの検査も行う必要があります。淋病などの感染症は病原微生物が人の体に侵入することにより、活動をする病気です。晴れや赤みを生じることもありますし、それが時に化膿することもあります。痛みや発熱をもたらすことがあり、それは病原微生物と戦うための体のシステムにより発生しています。病原微生物はウイルスを始め細菌や真菌なども一緒に含まれていますは、ミノマイシンが有効なのは主に細菌で淋病にも効きます。淋菌が死滅することで様々な症状が治まりますし、痛みや熱などもなくなります。淋病は尿道に強い痛みや炎症が生じ、膿も出てきます。女性や咽頭へ感染したときは、無症状のこともありますが1度の性行為によって感染率は30%という高めになっています。感染経路は性行為やオーラルセックスによるものですが、淋菌は比較的弱い菌なので、患者の粘膜から離れることで数時間で感染力を失ってしまいます。日光・乾燥や温度の変化・消毒液などで死滅させることができるので、性交やそれに似た行為以外で感染することは稀だとされています。

分娩する際に産道感染をすることもあり、母子感染の確率が高くなります。手指・タオルから感染することも報告されているので、気をつける必要があります。蛋白合成阻害薬に分類されますが、蛋白合成の初期段階で阻害するので抗菌作用を発揮します。細菌内に取り込まれた後は、構成物質に結合するため、機能を妨げて行きます。ミノサイクリンを有効成分とするミノマイシンは、テトラサイクリン系の抗生物質です。この系統ではペニシリン系やセフェム系抗生物質が効かない、細菌や細菌以外の原虫に有効とされています。抗菌力が高く耐性菌が少ないとされているので、抗菌力が従来のテトラサイクリンなどと比べても効力が1?4倍もあります。副作用は人によっては胃の不快感や吐き気を催すことがあり、さらに頭痛やめまいなどもよく見られる症状です。これらの副作用がひどいときは早めに医者へ相談し、量を減らすことも可能になります。効果は特に高齢の人の間では、手足に痣のような色素沈着が生じることもあり、よく観察する必要があります。小学生以下の子供に出る症状としては、歯が黄色くなったり歯の成長が滞る可能性もあり、原因を調べる必要があります。感染経路も含めて重い副作用は珍しくあまりないですが、ショックや思いアレルギー症状・皮膚障害や肝障害などが生じた場合は素早く医師の指示に従います。男性や成人の場合は初回の服用量をミノサイクリンとし、100?200mgにしてそれ以後は12時間ごとや24時間ごとにミノサイクリンを100mg服用して行きます。

関連記事
正しいコンドームの使い方は男女共に知っておこう

コンドームを使用しない性行為は、その延長線上に性感染症や妊娠のリスクがあり自身とパートナーの人生を大きく左右することとなります。コンドームは性行為を行うときには必ずつけるものという認識で、正しい使い方をマスターすることが大きなメリットにつながります。避妊はコンドームをつけていても確率的に妊娠をするこ

2020年05月27日
フラジールはトリコモナスの治療に使われる医薬品

フラジールはメトロニダゾールを有効成分とする、トリコモナスの治療薬です。トリコモナスは特に女性に対して、膣や尿道に寄生虫であるトリコモナス原虫が感染して起こる病気で、外陰部が痒くなったり痛みが出ることもあります。排尿時に不快感があるので気がつきやすいですが、泡立ったおりものが増えるケースも見られます

2020年04月21日
大人になって改めて知りたいHIV・エイズのこと

HIVはヒト免疫不全ウイルスのことで、ヒトの体に様々な細菌を始め、ウイルスやかびなどの病原体から守る免疫として、重要な細胞であるTリンパ球やマクロファージなどに感染するウイルスです。感染経路は主に性的感染や血液感染・母子感染担っていて、女性は膣粘膜・男性は成功によって鬼頭部分の小さな傷や精液・膣分泌

2020年03月13日
医薬品ジスロマックはクラミジアの特効薬!

ジスロマックはクラミジアに効く抗生物質で、ジェネリック医薬品でもあります。ジスロマックは病院で処方してもらえる薬ですが、通販でも個人輸入として入手することができます。マクロライド系の新しい抗生物質として知られていますが、肺炎球菌をはじめとするグラム陽性菌やインフルエンザ菌・100日咳などのグラム陰性

2019年12月15日
性器クラミジアの症状【女性の場合】

クラミジアは女性の性感染症の中でも最も多く、最近の報告から見れば18?19歳の女性で感染経路である性交渉を行なったことがある場合、10人に3人がクラミジアに感染していることがわかっています。20歳では20人に3人と若干少なくなっていますが、感染経路や予防に対する知識が深まればそれほど怖がる性感染症で

2019年12月12日
オーラルセックスは咽頭クラミジアのリスクを上げる!

クラミジアは性器だけではなく、喉に感染する咽頭クラミジアも存在しています。これはオーラルセックスが盛んになり、一般的になった頃によく知られるようになりました。10?20代の若い世代の感染が多く見られ、治療へ行く人も少ないためか蔓延しやすいです。咽頭クラミジアはクラミジア・トラコマチスという最近によっ

2020年02月16日
クラミジア検査ってどんなことをするの?気になる検査事情を教えます

クラミジア検査について、男性は排尿器官や性器が同一なので、尿道にクラミジアが感染することもあります。これにより、尿検査を行うので泌尿器科で見てもらうことになります。逆に女性の場合は排尿器官ではなく、子宮という内臓へと繋がる独立している期間にクラミジアが感染します。これにより女性の方は尿で行わず、子宮

2020年01月20日
ゾビラックスはヘルペスの治療に効果的な医薬品

ゾビラックスは有効成分であるアジスロマイシンを配合している、ヘルペスの治療薬です。ヘルペスには単純疱疹や帯状疱疹などの種類がありますが、帯状疱疹の感染経路は水疱やびらんの病変部や唾液などが接触したり飛沫と接触することで感染したり、ウイルスに汚染されている手や指・器具などから感染することもあります。飛

2019年12月21日