• ホーム
  • オーラルセックスは咽頭クラミジアのリスクを上げる!

オーラルセックスは咽頭クラミジアのリスクを上げる!

2020年02月16日

クラミジアは性器だけではなく、喉に感染する咽頭クラミジアも存在しています。これはオーラルセックスが盛んになり、一般的になった頃によく知られるようになりました。10?20代の若い世代の感染が多く見られ、治療へ行く人も少ないためか蔓延しやすいです。咽頭クラミジアはクラミジア・トラコマチスという最近によって起こり、咽頭部で繁殖するので喉に症状が出ます。この最近は高温多湿である粘膜を好んでいて、性交渉を通じることで性器にも感染することが知られています。咽頭クラミジアの場合は、オーラルセックスでの感染率が高くなっていて、喉に直接細菌が付着することが原因です。一般的には症状が出ないこともあるのですが、のどが痛いなど風邪の症状によく似ていて性感染症だとは気がつかず、風の治療をする可能性も高くなります。これがさらに感染の拡大を広めている理由になっていて、感染経路の特定も困難な状態です。クラミジア性尿道炎にかかった人の40%は不特定多数の人と経験を持っていたり、性風俗店でオーラルセックスの経験をしていることがわかっています。風俗店で働いている人の咽頭から感染した可能性が高く、性器からクラミジアが検出される男性については咽頭からも検出される確率が10%と言われます。咽頭クラミジアの潜伏期間は1週間?1ヶ月と長く個人差もあるのが特徴で、潜伏期間にオーラルセックスが行われると知らない間に感染してしまいます。潜伏期間が過ぎれば色々な症状が出始め、代表的な例としてのどの腫れがあります。

しかし、半数以上はこれといった症状が出ないこともあり、感染していても気がつかないケースが多いです。知らないうちにパートナーに感染させてしまうほかに、不特定多数の人と性行為を行い感染の輪を広げて行く可能性もあります。症状はのどが痛いことや腫れることが多いので、風邪と自己判断し、市販ののど飴・薬などでしのぐ可能性もあります。クラミジアは性病検査として検査をしなければ診断ができないので、内科などでは性病は視野に入れず、検査はされないことも多いです。感染経路がわかりにくいのも症状が曖昧なところから来ていて、自ら意識をして予防をすることが大切です。予防はオーラルセックスを行うときにもコンドームを使用することで、定期的に性病検査を受けることが挙げられます。男性は特に気がつきにくいですが、女性から感染することもあるので気をつけます。検査は専用の器具や薬剤を使用することで正確な判断ができます。検査方法は色々ありますが、綿棒で生体検査をすることが知られています。喉の奥の扁桃腺や食堂に続いている部分へ、長い綿棒を擦り付け粘液をぬぐいとります。この粘膜を培養してクラミジア菌がついているかどうかを調べる方法で、1時間ほどで検査結果が出ることも特徴です。男性から女性にうつる確率も高いので注意が必要ですし、予防をした上でオーラルセックスを行います。

関連記事
正しいコンドームの使い方は男女共に知っておこう

コンドームを使用しない性行為は、その延長線上に性感染症や妊娠のリスクがあり自身とパートナーの人生を大きく左右することとなります。コンドームは性行為を行うときには必ずつけるものという認識で、正しい使い方をマスターすることが大きなメリットにつながります。避妊はコンドームをつけていても確率的に妊娠をするこ

2020年05月27日
フラジールはトリコモナスの治療に使われる医薬品

フラジールはメトロニダゾールを有効成分とする、トリコモナスの治療薬です。トリコモナスは特に女性に対して、膣や尿道に寄生虫であるトリコモナス原虫が感染して起こる病気で、外陰部が痒くなったり痛みが出ることもあります。排尿時に不快感があるので気がつきやすいですが、泡立ったおりものが増えるケースも見られます

2020年04月21日
大人になって改めて知りたいHIV・エイズのこと

HIVはヒト免疫不全ウイルスのことで、ヒトの体に様々な細菌を始め、ウイルスやかびなどの病原体から守る免疫として、重要な細胞であるTリンパ球やマクロファージなどに感染するウイルスです。感染経路は主に性的感染や血液感染・母子感染担っていて、女性は膣粘膜・男性は成功によって鬼頭部分の小さな傷や精液・膣分泌

2020年03月13日
医薬品ジスロマックはクラミジアの特効薬!

ジスロマックはクラミジアに効く抗生物質で、ジェネリック医薬品でもあります。ジスロマックは病院で処方してもらえる薬ですが、通販でも個人輸入として入手することができます。マクロライド系の新しい抗生物質として知られていますが、肺炎球菌をはじめとするグラム陽性菌やインフルエンザ菌・100日咳などのグラム陰性

2019年12月15日
性器クラミジアの症状【女性の場合】

クラミジアは女性の性感染症の中でも最も多く、最近の報告から見れば18?19歳の女性で感染経路である性交渉を行なったことがある場合、10人に3人がクラミジアに感染していることがわかっています。20歳では20人に3人と若干少なくなっていますが、感染経路や予防に対する知識が深まればそれほど怖がる性感染症で

2019年12月12日
クラミジア検査ってどんなことをするの?気になる検査事情を教えます

クラミジア検査について、男性は排尿器官や性器が同一なので、尿道にクラミジアが感染することもあります。これにより、尿検査を行うので泌尿器科で見てもらうことになります。逆に女性の場合は排尿器官ではなく、子宮という内臓へと繋がる独立している期間にクラミジアが感染します。これにより女性の方は尿で行わず、子宮

2020年01月20日
ゾビラックスはヘルペスの治療に効果的な医薬品

ゾビラックスは有効成分であるアジスロマイシンを配合している、ヘルペスの治療薬です。ヘルペスには単純疱疹や帯状疱疹などの種類がありますが、帯状疱疹の感染経路は水疱やびらんの病変部や唾液などが接触したり飛沫と接触することで感染したり、ウイルスに汚染されている手や指・器具などから感染することもあります。飛

2019年12月21日
淋病という性感染症の原因を知って正しく予防しましょう

ミノマイシンはミノサイクリンを有効成分とする淋病の治療薬で、男性や女性の症状をそれぞれ効果的に抑えることができます。淋病の病原菌である淋菌を抑える薬で、基本的に細菌が原因である病気に用います。淋病は淋菌への感染で起こる感染症で、性感染症の一つになります。淋病の診断がされた場合は、性器クラミジア感染症

2019年12月18日