公開履歴
薬と瓶

性器クラミジア感染症は半数の人が感染しても自覚症状に気がつくことなく過ごしていて、少しの異変があっても医師にかかろうとしない人が多い病気です。パートナーがクラミジアに感染していると1度の性交渉でうつる危険性は50%と言われています。低い確率ではないですが可能性がある場合は、できるだけ早く受診をすることが望ましいです。男性の性器クラミジアは感染してから1?2週間くらいたった後に、尿道炎の症状が起こるので潜伏期間が長い疾患になります。これにより気がついた時には感染経路がわかりにくくなっており、知らない間に他のパートナーに移している可能性もあります。尿道炎は排尿する時に痛みがあったり、しみる・灼熱感があるというケースが多いです。膿も出ることがありますが、淋病に比べるとかなり少ないか、出ないこともあるので気がつきにくくなります。色は透明や乳白色・黄色っぽい白色になり、サラサラとした粘り気のない液体が出てきます。これを1週間以上放置すれば、クラミジアが尿道から進み奥の方へ移動していくので症状が悪化します。尿道の一番奥には前立腺があり、精子へ栄養を与えながら成熟させる臓器でもあります。前立腺炎が起こりますがここへは、抗生物質が届きにくく細胞にとっては快適で都合の良い場所となります。

病原菌が前立腺にうつることで、さらに治療がしにくく悪化していく傾向があります。前立腺はもともと痛みを感じる神経がないので、その周りの皮膚の神経を使いながらある程度時間が経った時に異常がわかります。その症状は場所も一定ではありませんし、日によって痛みなどの症状も違うので病気だとは気がつきにくいところもあります。前立腺炎の症状は人によって違う部分が大きく、その中でも陰嚢と肛門の間や下腹部分・鼠蹊部や内腿が鈍く痛くなることが多いです。前立腺を通過するとさらに睾丸まで続いていて、前立腺炎を治療しないで放置すると睾丸付近まで菌が入っていきます。睾丸周辺には精巣上体がありますが、ここは睾丸でできた精子を集める場所で、細い血管が網目のように張り巡っています。ここがフィルターのような働きをしますが、多くの病原体はここに引っかかりそこから副睾丸炎になる可能性もあります。この部分は紙のように薄いのが特徴で、気をつけて探さないとわからないような臓器ですが、炎症が起これば腫れ上がり場所によっては睾丸より腫れることがあるので注意が必要です。

睾丸が腫れたというのは一般的に副睾丸が腫れた状態で、睾丸から鼠蹊部にかけて激痛が走り、高熱も伴います。副睾丸は二つあり左右どちらかが炎症を伴うときは、不妊症にはなりにくいです。しかし、両方起これば不妊症になる危険性が高くなるので、初期症状が出たらすぐに病院へ行き受診してもらうことが大切になります。初期症状が出なかったりわかりにくいため、感染経路も確かではなくなる男性の性器クラミジアですが女性と比べると、男性の方が症状が軽いと言えます。しかし、男性から女性のパートナーへ移してしまうと、相手の症状が深刻になるためうつさないようにすることがマナーです。初期症状や思い当たる節がある場合は、早めに受診をし陽性であればパートナーと一緒に治療を始めることがポイントです。男性は泌尿器科で受診をすることができ、適切な処置をしてもらえます。潜伏期間は大まかな目安で、個人によるところが大きいです。さらに関した菌の量や体調によっても変化し、感染から発病までは数ヶ月もかかることがあります。男性の症状は女性に比べると軽い傾向にありますが、人によっては前立腺炎が身体的影響で重いことが知られています。初期症状は男女共2週間発症するのが目安ですが、進展したときは数ヶ月もかかるケースがあります。